HOME > exhibition detail > exhibition detail fukuro 2014

140610onoyama_022.jpg

140610onoyama_022.jpg140610onoyama_022.jpg140610onoyama_110.jpg140610onoyama_110.jpg140610onoyama_098.jpg140610onoyama_098.jpg140610onoyama_100.jpg140610onoyama_100.jpg140610onoyama_106.jpg140610onoyama_106.jpg
140610onoyama_040.jpg140610onoyama_040.jpg140610onoyama_092.jpg140610onoyama_092.jpg140610onoyama_046.jpg140610onoyama_046.jpg140610onoyama_058.jpg140610onoyama_058.jpg140610onoyama_076.jpg140610onoyama_076.jpg

fukuro
ギャラリーギャラリー / 京都 GalleryGallery / Kyoto
2014

袋は面白い。布団も防寒のために綿や羊毛、羽毛をつめた袋だ。クッションもしかり。カンガルー、コアラなど有袋類は袋状の嚢のなかで育つ。袋のついた言葉を探ってみた。 胃袋、餌袋、科袋、歌袋、格袋、岩袋、弓袋、弓袋、魚袋、手袋、足袋、福袋、慰問袋、空気袋、堪忍袋、救助袋、窮屈袋…袋をつけたら、なんでもありみたいだ。日本人はよほど袋が好きみたいだ。
 自作の大きなテーマは「布にひそむ表情をひきだす」だ。一枚の布を幾重にも祈り重ね、うちにひそむ、うごめきを抱く袋を制作した。はたしてなんと言う袋だろうか?

撮影 矢野 誠  photo by Yano Makoto